九州旅行ならJRの旅

JRで九州旅行を楽しむなら、九州新幹線を利用すると良いでしょう。九州の中でも見どころが豊富な博多(福岡)、熊本、鹿児島中央(鹿児島)を約1時間半で結んでおり、移動をスムーズに行うことができるためです。九州新幹線の良さは、このような移動面だけにとどまりません。金箔が貼られた壁や西陣織で覆われたシートなど、日本に古くから受け継がれる伝統の技を用いた内装もまた見応えがあります。このようなゴージャスな内装を楽しみながら、JR博多シティや熊本城、桜島といった名所を巡る旅は、かけがえのない思い出となることでしょう。

九州には新幹線以外にも魅力ある観光列車がいくつも走行しています。そのひとつが熊本を起点とする特急「あそぼーい」です。熊本の雄大な自然を余すことなく堪能できるパノラマシート、熊本の素材を使ったオリジナル弁当を購入できるカフェなど、乗客を飽きさせない工夫があちこちに散りばめられています。鹿児島中央と指宿(鹿児島)をつなぐ特急「指宿のたまて箱」もユニークです。浦島太郎の玉手箱をモチーフとした列車で、ドアを開いた際に白い煙が噴き出すという独特の仕掛けが評判を呼んでいます。

九州新幹線を用いたツアーには、博多から鹿児島中央までの片道自由席乗車券やホテルでの朝食サービスなどが付いています。このようなお得なツアーを主軸に他の観光列車も組み合わせることで、広大な九州を巡る旅がより楽しいものとなるに違いありません。

▲ページトップへ